建設会社(ゼネコン)の一日の流れ

「プロジェクト現場の一日の流れ。」

建設会社(ゼネコン)の現場の一日は、朝早くから始まります。8時15分頃に専門業者職員が現場に集合し、8時から全員でラジオ体操を行い、作業前の体の準備をします。その後、

本日の注意点、安全の確認等の朝礼を行った後、本日の作業を確認の上、作業を開始します。作業内容によっては、細部での確認が必要な場合も多くあり、指示、確認を行う際には十分な注意が必要です。建設現場はまず安全が第一なので、作業員の服装の乱れ、動作、行動の乱れがない様に指導する事が必要となります。近隣地権者様とお会いした時の挨拶、現場内の整理整頓、現場付近の清掃、整理整頓を常に行う事が必要です。12時をもって昼食、昼休みをとり、その間には、職員が食事を取れる休憩場所を用意し、食事及び休憩を1時間は設ける必要があります。13時より、昼からの作業の確認、打ち合わせを行い、17時までには作業を終わらせるように工程管理、指示及び指導を考慮して行い作業効率の向上を図るように努めなければなりません。17時に作業終了後、翌日の作業確認及び本日の反省を行い一日の業務を締めくくります。

 

「一般事務部門の一日の流れ」

建設会社(ゼネコン)は現場が主体である施工会社なので、本社、支店勤務の一般職の職員も朝の朝礼、ラジオ体操等を行っている建設会社が多くあります。朝礼後、ミーティングを行い、その日一日の業務の確認を行い、各部署の一日は始まります。勤務内容の詳細は各社毎で違いがありますので、転職する際には業務の流れ、実際を良く聞いた方が良いでしょう。一日の業務終了時には、本日の業務の反省と、次の日の業務内容の確認をもって、一日の業務が終了となります。