建設会社(ゼネコン)の転職と採用時期

「建設業界(ゼネコン)の採用時期」

建設会社は各種建設工事を一つ一つの現場が遂行していき完成させ、会社に売り上げと利益をもたらします。一社当たりで、数十~数百の工事現場を常に稼働させております。現場により建物の用途も違う為、必要な人員及び必要な技術、職員の配置の数も違ってきます。基本的には現場の進捗に必要な職員、技術者は常に募集している建設会社(ゼネコン)が多いです。多くの社内の職員、専門業者とその職員、お客様及びお客様の関係スタッフ様と打ち合わせを行いながら、的確によい建物を建てるためにチームで遂行していく仕事なので、高いコミュニケーション能力を求められるのと同時に、そのチームの人員構成に適した技術を持ち、資格を持った人材が必要です。そして、メンバーとしてのポジション適正、年齢等を考慮の上、適宜採用されています。

 

「採用職種別の採用時期」

基本的には建設会社は、現場の人員配置計画に沿って、随時技術職員を採用して配置しております。採用職種別で採用時期を考えた場合、営業部門、総務人事部門、研究開発部門では採用時期に違いが出てきます。営業部門におきましては、年間の売上受注目標、中長期の受注目標及び利益目標に則って営業活動は行われます。営業部門での採用が必要となるときは、営業目標を拡大するため人員を増やすケースがあります。その時には営業先の建物の用途、又、お客様の特性を鑑みて、建築営業のキャリアを持った人材を中途採用するケースが多くあります。採用時期としては、営業年度目標を建てる期初である3月から4月、半期が過ぎて、営業計画の見直しがある9月~10月の時期が多くなります。営業チームの人員に定年で欠員が出る場合は期初の3月~4月採用となります。総務人事部門では定年での欠員による採用が多く、期初である3月~4月の採用時期が多いです。研究開発部門におきましては研究課題により必要な人材の適正が大きく変わってくるため、採用時期は不確定です。その会社が力を入れている研究開発に必要な能力を持った人材が適宜採用の上配置されています。