建設会社(ゼネコン)の理想と現実

「世界の国の経済の中枢であり、技術の基幹である建設業界」

建物は当たり前ですが世界中にあります、そして、世界各国の様式を帯びた建築様式により、技術を革新及び伝承しております。建設業より派生する経済効果は多大であり、街のインフラ整備、開発事業が経済の与える効果は、各国の経済基盤の中核をなしていると言えるでしょう。スクラップアンドビルドで新築重視の建築から、建物を末長く使い、地球環境にやさしい建築様式への転換が言われだしてひとしくなります。古きを知り、新しきを知らなければ進歩しませんし、新しきを知り、古きを知らなければ本当の技術の習得にはなりません。技術型産業である建設業が進歩、革新していく事により、連携型労働集約産業である建設業が世界の産業の橋渡しとなる状況にあります。

 

「最新技術革新が直結する建設業界」

建設現場の現場管理の業務に於いては、ロスを少なくし、そして、スピーディーに業務を行うことにより、現場の進捗の安定性を高め、ひいては、お客様に満足頂ける、建物を完成させることが出来ます。その中で、ドローンを使った、測量システムを採用している会社が増えています。敷地の測量は、土地家屋調査士が隣接地権者と立会いの上、測量図を作成し、関係者各位様がその測量図を受領、確認した上で、設計図面作成、建設確認取得、工事着工になります。しかしながら、2次元での測量図は認識がし難く、誤解を生じさせやすい面もあります。その解消のために、ドローンを使った3次元測量システムの活用、3次元システムを使った建物設計管理システムBIMの活用を業界全体で推進しております。2次元での管理システムより3次元での管理システムを採用することにより、ロスの低下、そして、ゆくゆくの建物管理面まで見据えた一元管理システムを構築していこうとしている建設会社(ゼネコン)が増えています。